CentOSのタイムゾーンを変更する

CentOS8をインストールしていてうっかりしていたらタイムゾーンがEDTになっていた。
ということで修正します。

タイムゾーンの設定確認・変更はtimedatectlコマンドを使用します。

現在のタイムゾーンを確認

[root@server ~]# timedatectl
               Local time: 月 2020-04-27 09:12:14 EDT
           Universal time: 月 2020-04-27 13:12:14 UTC
                 RTC time: 月 2020-04-27 13:12:14
                Time zone: America/New_York (EDT, -0400)
System clock synchronized: yes
              NTP service: active
          RTC in local TZ: no

または

[root@server ~]# timedatectl show
Timezone=America/New_York
LocalRTC=no
CanNTP=yes
NTP=yes
NTPSynchronized=yes
TimeUSec=Mon 2020-04-27 09:13:55 EDT
RTCTimeUSec=Mon 2020-04-27 09:13:55 EDT

タイムゾーンの一覧を表示

list-timezonesオプションんで設定可能なタイムゾーンの一覧が表示できる、
が、426件ほど表示される。

[root@server ~]# timedatectl list-timezones | grep Tokyo
Asia/Tokyo

というわけで、設定するときは、「Asia/Tokyo」を設定する。

[root@server ~]# timedatectl set-timezone Asia/Tokyo
[root@server ~]# timedatectl
               Local time: 月 2020-04-27 22:17:38 JST
           Universal time: 月 2020-04-27 13:17:38 UTC
                 RTC time: 月 2020-04-27 13:17:37
                Time zone: Asia/Tokyo (JST, +0900)
System clock synchronized: yes
              NTP service: active
          RTC in local TZ: no

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>